はじめに

はじめに

アイスクリームの作り方アイスクリームは、牛乳などを原料にして、冷やしながらかき混ぜてクリーム状にしたお菓子のことです。アイスクリームはお店で売っているものだけではありません。自分でもつくることができます。工夫すればお店で売っているアイスクリームと変わらない味のアイスクリームを作ることができます。このホームページでは自分のお家で作ることのできるアイスクリームの作り方を紹介しています。アイスクリーム作りに挑戦してみてください!

アイスクリームづくりの注意

アイスクリームづくりアイスクリームはつめたいお菓子ですが、材料(ざいりょう)をまぜて凍らすだけではありません。アイスクリームを作るには火をつかったり、電気をつかうこともあります。危ないですから、こどもたちだけではつくらないようにしてください。つくるときはおかあさん・おとうさんといっしょにつくるようにしてください。おねがいします。

手を洗ってから!

アイスクリームアイスクリームを作る前と後は、必ず手を洗ってください。作る前に手を洗わないと、せっかくおいしそうにできたアイスクリームも、ばい菌だらけで食べられなくなります。また作り終わった後も手を洗わないと、手のひらでばい菌が増えてしまいます。おいしいアイスクリームを作るためには、必ず手を洗うようにしてください。お願いします。

アイスクリームの食べすぎに注意!

アイスクリームが完成すると、どうしても食べたくなります。しかし食べる量は控えめにしてください。一度にたくさん食べるとおなかが冷えてしまいます。おなかが冷えると、からだの調子が悪くなり、病気になってしまうこともあります。決して、一度にたくさんのアイスクリームを食べることがないようにしてください。おねがいします。

おかあさん・おとうさんへお願い

おかあさん・おとうさんへお願いがあります。アイスクリームを作るときは火や電気を使います。子供達だけでは作らせないでください。おかあさん・おとうさんが目を離すことのないように、ごいっしょにアイスクリームづくりをしてください。また力のいる作業や根気のいる作業もあります。子供さんが疲れましたらフォローを入れてあげてください。一生懸命作ったアイスクリームを食べるとき、子供達が一番喜ぶと思います。ごいっしょに完成したアイスクリームを食べて、楽しいひと時を過ごしていただければ幸いです!