夏のおやつの定番に

昭和10年代には、自転車にアイスボックスを積んで売り歩くアイスクリーム売りが現われました。
昭和28年、国産カップの充填機が雪印の品川工場で稼動開始。本格的にカップアイスの生産が始まりました。大阪工場で生産されていた<赤><青><黄>のカップアイスがヒット商品になったのもこの頃です。
アイスクリーム
昭和30年代に入り、現在も販売されているカップアイスコーンアイスも登場しました。
昭和30年に協同乳業は、酪農先進国のデンマークから大量生産できるアイスクリームマシンを輸入。
昭和31年に10円の『アイスクリームバー』を発売しました。大量生産でコストダウンを図り、アイスクリームの大衆化への第1歩となりました。さらに当たれば、アイスクリームがもう1本もらえるクジで、当時の子供たちに爆発的な人気となります。
昭和61年、町田房蔵による国産アイスクリームの製造販売を記念して(社)日本アイスクリーム協会は5月9日を『アイスクリームの日』とし、毎年さまざまなアイスクリームのイベントを開催しています


トラックバック

 トラックバックURL:http://www.umai7.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/131

-->