ネロも愛飲した、ドルチェ・ビータ

暴君で名高いローマの皇帝ネロ(37~68)は、アルプスから万年雪や氷を運ばせ、果汁、蜂蜜、樹液などをブレンドして作った氷菓『ドルチェ・ビータ』を好んで飲んでいたと伝えられています。この『ドルチェ・ビータ』は、ローマ市民の間にも広がっていったそうです。
ローマの将軍クイントゥス・マキシマス・グルゲオの文献には、氷菓の製法が残されており、最古のアイスクリームのレシピと言われています。
大帝国を樹立したアレキサンダー大王(BC356~323)は山から氷や雪を運ばせて、果汁に糖蜜を加えた冷たい飲み物を戦場で兵士たちに与えていたそうです。また、自身もミルク、蜂蜜、ワインなどに氷を加えた飲み物を好んで飲んでいたと言われています。
医学の祖であるヒポクラテスは、著書に『冷たい飲み物は肉体をいきいきさせ、健康を増進させる』
アイスクリームの効能を述べています。


トラックバック

 トラックバックURL:http://www.umai7.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/141

-->